平行線

小さなころ、両親と旅行に行くときは夜中に車で出発して朝焼けと同時に羽田空港に着き、戻るときはぴかぴかに光る首都高を走り、夜遅くに家に着くという予定で旅行に行くことが多かった。羽田空港の近くのパーキングで観る朝焼けと、夜の首都高の宝石のような綺麗さを20年経った今でも覚えている。

 

「瑠璃子とゆりは方向が同じだから同じタクシーで帰ること。役員からの業務命令」

万札をひらひらさせた部長が告げた命令は、今の私たちにとって地獄だった。


私とゆりは、二度と交わらない平行線の世界でで生きてゆくと決めていた。

 

タクシーの後部座席に乗り込み、場所を告げる。

豪徳寺

「そのあとに喜多見へ」

ゆりが喜多見に引っ越したなど全く知らなかった。前の家が更新なのは知っていたけれど、まさか私の家の近くに引っ越してきていたなんて。


「なんで人の通勤圏内に住むのよ」

「出社時間全然違うんだからいいでしょう」

「今営業は何時なの」

「少なくとも8時だよ」

璃子の居た時は8時半だったけど、あんたが異動してから変わったのよ、あんたら内勤のようにのんびりやってないのよという言葉が乗っているのに気づく。

「営業部はお忙しいですね、クソみたいな仕事してるくせに」

ゆりはそっぽを向いて窓の外を見ていた。

 

 

 

このあと大好きなきらきらした首都高に乗りながら喧嘩をし、やっぱり二度と交わらない世界線で生きて行くとなるのが結末ですが面倒なのでもういいです。←

 

夏休みでした。

台風から始まり、ナイトプールに行き、パブで飲み、カラオケに行き、岩盤浴と温泉に行き、友人に5年ぶりに連絡を取り、地元でべろべろになるまでコロナを飲んで終電で帰り、池袋カフェめぐりでシメる夏休みだった。


プール10年ぶりに入ったのですが、元々水泳やってて泳ぐの好きだったのでめちゃくちゃ楽しかった。三つ子の魂百までというやつなのでしょう。定期的に室内プールで泳ぐようにしたい。


ひまわり氏とドライブがてら岩盤浴に行き温泉に入った帰り、5年ぶりに男友達に連絡を入れた。

メンタルやられて休職中とのことでびっくりしたけど、本当にこの手の病気は「明日は我が身」だと改めて実感した。怖い。

今度東京で飲む約束をしたので、またそのときにでもゆっくり話が出来ればと思う。


ひまわり氏とせんせいと飲みながら仕事の話、恋愛の話をする。

近年のせんせいはとてもしっかりしていて好ましい。昔が嘘のように、本当に先生になってしまった。

せんせいに会社で先輩に無視されていることを話したら「女子中学生の部活によくあるやつだよなー、最後に全部自分に返ってくんの。俺は辞めればいいと思う」と呟いていて、「最後に全部自分に返ってくる」という彼の言葉でもう少し頑張れるかなあ、と思うなどした。


最終日は松浦弥太郎氏の本を読んだ。

丁寧な暮らしという感じの人間ではないけれど、ひととして忘れたくないことが書いてあるのでこれからも読み続ける。


モレスキンを買って考え事をした。

したいこともやりたいこともやらねばならないこともたくさんあって順番が付けられなかった。全部同時並行で出来たらどんなに良いだろう。

転職活動、引っ越し、それに伴う貯金、日々の暮らしの向上、自分磨き。

きちんと出来たら、私は自分の好きな自分になれると思う。恋をするのはきっと、それから。


いろんなことを考えたらお腹が痛くなってしまった。やっぱりきちんと病院行かねば……。確実に弱っている。